2008年03月23日

海外ドラマ『Dr.HOUSE』

『Dr.HOUSE』
FOXで放送されている1話完結型のドラマですが、
めちゃ面白くてハマってます。
毎日やってるから視聴予約チェックしてます!!!!


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
医者としての腕は高いが一匹狼で捻くれ者の医師ハウスとそのチームが、他の医師が解明出来なかった病の原因をそれぞれの能力を生かして突き止めていく姿を描く医療ドラマ☆。。。。。。。。。。。。。



一つの原因不明の疾患に対して、医療チームの3人が出す見解に助け船を出したり、意地悪して教えてくれなかったり。
原因を突き止めるまでの考え方の流れとか勉強になるなぁと思って観てます。


すごいのだ!
このハウス先生ったら、患者から経過の説明をのほほ〜んとした様子で聞いてる間に、患者の今の状況やその人の環境などを判断して素早く正確な診断をしちゃうの。(患者が嘘をついてたとしても、正しい判断しちゃうところがすごい!)
話も大事だけど、そういう観察も大事だねぇ。。
そういえば、アナムネ聴取する時とかそうやって観察してると思うんだけど。。。
もう半年も職場お休みしてたら、そんな事も忘れそうだーっ!!


ニックネーム あいだま at 00:00| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

映画”SAW2”

映画で”SAW2”をやるんですねぇ。
1をレンタルで観ましたけど、今まで観たホラーの中で一番良かったです。
心理的なやつ好きです。
エグイだけじゃなく、サスペンスミステリーホラー一挙放送みたいな♪
自分がそこにいたら一体どうなってしまうんだろう。。気が狂うだろうと思います。
2も絶対観たい。(レンタルですけど。。−−;)



心理的といえば、”esエス”っていう映画も良いです。
擬刑務所に収容された20人の男たちが、"看守役"と"囚人役"を演じるうちに"役"に支配されていくというお話です。

人間はある役割を与えられると人格が変わる程、“状況の力”にコントロールされるのだということを見せ付けられます。
映画を見ながら、もし自分だったらどうなるのか…ということを深く考えさせられます。

私が看守役だったら。。
きっととてつもなくキレた人間に変貌しそう。
状況に流されやすい。。。




  
。。。以下コピペ
ドイツ人の手でドイツを舞台に作られた映画ということでナチズムのことが頭によぎるが、この映画を見てみると、ナチスのやった行為は極悪人だったからなのではなく、普通の人でもそのような状況に置かれると、残虐な事も平気でやってしまう可能性があることを示唆している。この作品は細部はフィクションのところもあり、心理サスペンスとしても一級の物語に仕上がっている。

おすすめ映画でした^^
ニックネーム あいだま at 02:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする